ムンク展リベンジ

前回あまりの激コミで入れなかったムンク展に行ってきました。

DSC_2352

ムンクは有名な絵(ポスター)だけでなく様々な絵を残していて驚きました。

家族を早くに亡くしたりとあんま幸せそうでない人生の抑圧や、大戦による社会不安等があいまってテーマが愛やら死やらと暗く、精神的に病んでて、自分と言う人間を理解してもらいたいみたいな 自画像がおおく、その抑圧と孤独が結果として名画『叫び』となったのかなとか色々想像しながら大満足でした。

ムンク展の後は同じチケットで入れる現代書道アートを覗きました。

DSC_2353

書道のアート…なに書いてあるかよくわかりません、ちなみにポスターはあめと大量に書いてあるそうです。

書道のアート好きなんですけど何書いてあるか判別できるとこくらいまでですかね、一線を越えると何のことやらとなります。

DSC_2354

このポスターの一番の上の書はなんて書いてあるかわかりますか?

答えは後日…

となると怒られるので今…

あれは『愛』らしいです。

まぁ好き嫌いは別れますが書の展示会も面白いですよ是非一度…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です